アナタはひょっとしたら・・隠れ肥満??

メタボリックシンドロームから脱出しよう!

肥満を気にする男性の多くは、健康のために体重を減らしたいと思うようです。一昔前まで肥満を気にしてダイエットをするのは女性というのが一般的でした。それが、男性も健康を保つために、肥満を解消する必要性が指摘されるようになりました。メタボリックシンドロームという言葉が使われるようになり、健康診断の際の診断項目にもなっています。メタボリックシンドロームは、日本語で表現すると内臓脂肪型症候群であり、ものものしい印象があります。メタボリックシンドロームになると、心筋梗塞や、動脈硬化の危険性が高くなりますので、体質や健康の見直しが求められます。男性だけでなく、女性でも、肥満が進行すればメタボリックシンドロームになることがあります。昔からビール腹という言葉は男性の代名詞だったことも起因しているのかもしれません。肥満体型とまで言われていない状態でも、肥満予防のためにダイエットに取り組む男性もいます。腹筋や腕立て伏せは筋トレにもなり、道具も広い場所も必要がありません。水泳や、ウォーキングなどの有酸素運動もよく行われています。もしも、健康診断などで肥満体型だと診断されてしまったら、食事内容の見直しと、運動の習慣づけがおすすめです。男性のダイエットの場合、のめり込みすぎて身体に負担をかけすぎてしまうことがありますので、急激なダイエットにならないように段階的に行うといいでしょう。